助成金申請

助成金とは

助成金

助成金とは、雇用に関する一定の措置を行い、要件に該当すれば、国が資金を援助してくれる制度です。
財源は労働保険料なので、銀行借入や公的融資等と違い、返済の必要がありません。

しかし、せっかくもらえるはずの助成金だったのに、その存在を知らなかったり、ちょっとした要件を満たさず、もらい損ねている場合が多々あります。

また、助成金の中には申請する前に、準備しておかなくてはならないことも多く、受給するにはタイミングが非常に重要となります。

助成金の一例

受給資格者創業支援助成金

失業給付を受けている方が自ら創業し、創業後1年以内に労働者を雇い入れて雇用保険の適用事業所となった場合、事業を立ち上げる際に要した費用の1/3(上限150万円)の助成金を受給できます。ただし、法人設立後1年以内に2人以上労働者を一般被保険者として雇い入れた場合は、50万円の上乗せがあります。

受給要件のポイント
  1. 雇用保険の基本手当の算定基礎期間が5年以上ある方
  2. 法人等を設立した日の前日において、当該受給資格に係る支給残日数が1日以上ある方
  3. 法人等を設立する前に、管轄労働局に「法人等設立事前届」を提出した方

創業をお考えの方は、ぜひ検討してみて下さい!

試行雇用奨励金(トライアル雇用)

トライアル雇用とは、職業経験、技能、知識等から就職が困難な特定の求職者層の労働者をハローワークの紹介により試行的に雇用した場合に月額4万円を最大3箇月受給できます。

受給要件のポイント
  1. 中高年齢者・・・雇用開始時に45歳以上の方
  2. 若年者・・・雇用開始時に40歳未満の方
  3. 母子家庭の母等
  4. 障害者他

求人される際は、この助成金の活用をお勧めします!

助成金は他にも種類がたくさんあり、条件も様々です。詳しくはお問い合わせ下さい。

     

このページのトップへ